« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

エスメリアのサウナパンツ

バレエ団の友人が注文したエスメリアのサウナパンツやレオタードが届きました。

注文から1か月~1か月半くらい時間はかかりますが・・・

サウナパンツが予想以上にカワイイです

値段も4000円くらいとお手軽だし、買うかどうか迷い中です

バレエ用品ばかり増えていきます・・・

明日の阿佐ヶ谷のクラスの時にカタログ持っていきますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

夏だ!

暑いですね〜というと余計暑くなるけど…私は暑い方が好き

9月の残暑のこる夏生まれだし、体が動きやすく、汗出せてお酒のんでも、代謝がよく、むくまない

摂生しなくてはならない職業なのにひどいバレリーナですが…

ワインが基本的には好きですが、鍛えられてビールも飲みます。ベルギーのヒューガルデンホワイト、甘めで美味しいです

あと最近発見、オーストラリアの缶入りのスパーリングワインBarokesが美味しい昔、スパーリングじゃないのを買ったことがあり、缶入りじゃあ、たいしたことないなぁ〜と思ってたのですが、スパーリングは美味しかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

セミナー&埼玉コンクール

今日、明日は市川瑞子バレエスタジオでバレエセミナーをさせていただいています


大人クラスでクラシックのバリエーションを一曲仕上げましょうという2日連続のクラスです。振り付けをやさしくアレンジしていて、もちろんバレエシューズでの参加オッケーです。


今回は眠れる森の美女よりフロリナ姫。今日は一日目でしたが振り付け終了しましたすごい優秀皆さん「え〜」とか言いつつ、全然踊ってました(笑)


明日は細かい所もやっていきます


そして埼玉コンクールが開催中、少し見てきました何百人もの参加者がいる中、力を発揮できればたいしたもの…一曲を何年も練習して…。自分が中高生の頃が懐かしいです。下手だったけど予選落ちばかりしてました…だから続いてます賞取れたのは大人の部門になってからでしたコンクールは出ること自体、自分へのチャレンジですよね


スタジオから一人、奨励賞を取った生徒さんがいたそうで…おめでとうございますまだまだ長いバレエ人生だからこれからも頑張って欲しいです楽しみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

ダンスマガジン今月号

今月のダンスマガジンにNBAバレエ団のエスメラルダの記事が載りました


フルールを踊った猪俣陽子の清楚な美しさも忘れがたい


てありました

ダンスマガジン編集部員さん、ありがとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

コンテンポラリー

今日は元ノイズム(新潟県にある日本初の、県が助成しているプロフェッショナルなコンテンポラリーのカンパニーの名前。オランダにある、イリ・キリアン率いるネザーランド・ダンス・シアターなどで活躍経験のある、今は日本を代表する振付家&芸術監督&ダンサーの金森穣さんが率いるカンパニー)の青木直哉くんのレッスン&コンテクラスを受けてきました。

彼の出すオーラというか、「人間」感、「身体」という物体と、「動き」→「踊り」すなわち空間支配と空間をクリエイトする感覚、バランス感はなんとも言えず良いんですよね。

ノイズムでおどってるときもそうだったかも・・・

私も教えたり、踊っているときにそうなりたいな~と思います。

「自分!」「私が私が!」って自己主張ばかりになりがちで、空間や空気を彼ほどつくれているだろうか?自己へ入っていくことがある空間をつくることは確かだけれど、もっと自分を「開いて」いくことが必要。ターンアウト、ではなくてね。ジャイロキネシスなどもそうだけど、まずは身体を、感覚を「開いて」いくことがスタートなんですよね。

そして。なんのためのレッスンか?というと、踊るためなんですよね~

すごく・・・楽しかったです

といっても、やっていることはバレエだったり、コンテンポラリーの振りだったり、べつに普通なのに、なぜだろう???

かつ、私はクラシック一筋できて、アメリカでもポアントのネオ・クラシックをやってたし、NBAでもコンテ作品というと、去年の遠藤康之さんの作品くらいであまりご縁がなかった。好きなのに、あまり上手くないんですよね床技になると途端に不自由になってしまいます。

できるだけ通うぞ~~~!せっかく機会があるんだから、幅を広げていきたいな~と思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

体内テンポ

踊る時、同じ音楽でも体調によって早く感じたり遅く感じたりしますよね


NBAのピアニストのユーリさんはマリインスキー劇場でも弾いていた方で本当に美しいピアノなのですがロシアらしくゆっくりで、かつ、さすがな技術でダンサーにものすごく合わせてくれちゃいます。(ダンサーがテンポよく踊らないと悲惨なことに)


最近は違うレッスンだとテンポが早い。アメリカでレッスンしてたのがはるか昔のことだわ〜体内テンポを変えるのが一苦労。


早いもゆっくりも、どっちもいつでもできるのが大切ですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

2回目のレッスン!

昨日、阿佐ヶ谷で二回目のレッスンが開催されました〜♪

体験の方含め5人でレッスン皆さん近隣にお住まいなようなので、月二回楽しく身体を動かしていきましょ〜継続は力なり、です

さくさく進みますが、ついてきてらっしゃいますか〜?ワルツはまたやりますね

子供クラスもスタートです。諦めて潰さなくてよかった…て、まだ開催前だった時からそんなこといっちゃいけませんね、継続は力なりです。頑張りま〜す

さて。今日は鈴木直敏、恵子バレエスタジオの発表会のメイクのお手伝いをしてきました

発表会はじめてのちびっこにもお化粧…幼稚園の子供…目をぎゅっとつむるな〜リキッドアイライナーが引きにくいやろ〜とおもいつつ

お化粧を「こ〜わぁ〜い〜」と困った顔で嫌がるのが可愛くて最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

暑いですね・・・

異常なほどの暑さ・・・体に応えますね~

今日はNBAバレエ団の芸術監督、安達哲司先生のレッスンに行ってきました

団員であったのに、先生のレッスンを受けるのは3回目か4回目くらい。安達先生はバレエ団では芸術監督に徹していてレッスンの指導はあまりしません。作品のためのリハーサルの指導はいつもしていただいていました。

先生はフレンチ・スタイルのレッスン。京都バレエ専門学校にはクロード・ベッシーさんがいらしたりしています。(昔のローザンヌコンクールのテレビ放送での超辛口コメントのパリ・オペラ座バレエ学校の校長ですね~)

つくづく思いますが、日本には日本のスタイルがある・・・とは思いますが、ロシア、フランス、アメリカ、イギリスのスタイルをごっちゃ混ぜに学び、かつ、各国の作品をバレエ団では踊るわけです・・・日本人は器用ですよね。NYシティバレエなんて、絶対ロシアバレエやろうとも夢にも思わないわけなんだから~・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

マイケル参上!

昨日の夕方のこと。

我が家のリビングのど真ん中をマイケルが「すたすたすたっ」と横断した。

彼がいるかもしれない、ということは知っていた・・・

ぞわぞわっとするとともに、恐怖におののき、事実を認めたくなくなり、息をひそめて静止すること数分・・・いや・・・数秒かもしれないけど、なが~く感じる時間・・・

探索が始まる・・・

・・・・シュタシュタッ

・・・・ばばばっ

ショワ~~~~~!ショワ~~~~~!ショワショワショワ~~~~~~!!!!!!

Yokoの勝利~~~

でも、でも・・・いつもきれいにしているのに、この努力にもかかわらず・・こんなにも立派な姿で、リビングを横断するとは~

怖かった~~~

ホラーではありますが、ジャクソン様ではないです、けっして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

ジャイロキネシスの魅力

最近、ジャイロキネシスをやっています


これは奥が深いですバレエと同じで指導者の力量にかかっている部分もありますが、私の習っているホワイト・クラウドの山崎先生は本当に美しくパワフルで本質を教えてくれます。この本質がまさにバレエと深いところでつながっているように感じます。


NYで創始者のジュリオのクラスではNYCBのダンサーとABTのダンサーが並んで受けてる、なんてこともあるそう…またマイアミシティバレエなどではジャイロトニックのマシーンを取り入れてて、カンパニーでジャイロキネシスのクラスもあるらしいです羨ましい環境ジャイロの本部がマイアミにあるから…新国立劇場で活躍していたプリマの宮内真理子さんも今はジャイロのトレーナーと結婚してマイアミにいるそうです。


さて…ジャイロキネシスとはなんぞや?また詳しく紹介しますね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

バレエ用品のエスメリア

友人がやっているバレエ用品のネットショップ、エスメリア

阿佐ヶ谷のお教室、リンクしていただきました

http://esmellia.jp/

中国製ですが、生地が良く着やすくて、デザインもかわいいです。おススメは背中がシースルーの長そでレオタードと、首元がチャイナカラー&メッシュ生地のレオタード。つなぎのウォームアップもかわいいんです。

値段がリーズナブルなので、みなさま、是非ご利用くださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャイロのウェア〜

ジャイロのウェア〜
退団のとき、バレエ団のゲスト係のみんなからもらったアームウォ〜マ〜

外人ゲストを迎えるのに一緒でにお仕事してきたみんな…男性陣2名も連名で、男女協力してお仕事頑張ろ〜という気持ちが伝わってたのかな〜と(勝手にですが)思うと嬉しいです。

レインボーカラーでかわいく、さらっとしててタンクトップに合わせやすい

ジャイロキネシスのエクササイズの時はバレエの格好より、鮮やかな色を使ったりフィットネスっぽいほうがかわいい気がするので活用してま〜す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 5日 (日)

Fleur Ballet Garden 開講!

Studio

本日、阿佐ヶ谷のスタジオでめでたくFleur Ballet Gardenのレッスンが始まりました

3名の受講者の方たちと出会うことができ、時間を共有できたことを感謝します

ありがとうございました!

床でのストレッチを15分程度、バレエのポジションの詳しい説明を加えながらのバーレッスンを45分、軽いセンターを15分程度のレッスンです。レッスン内容はそのつど受講者の方たちのレベルに合わせていきますが基本的にこのくらいのペースで行きたいと思っています

まだアイディアなのですが・・・

①「今日はこのパを徹底的に練習して習得しよう!」というこだわりスペシャルクラス。たとえば、ピルエット(回転)。難しくても、コツ、原理、ポジション、いろいろな種類を知識として知る。帰るまでには、1回転くらいはOKを目指す!などなど・・・

②「ポジション、身体の向き、パの名前をきちんと覚えてみよう!」スペシャルクラス。バレエ用語って、私は簡単にスラスラ言っていますが、おそらく「何のことやら?」という場合も多いかと思います。プリントなど紙面を利用しつつ、用語をご存知の方でも復習の意味もかねて、正しいバレエ用語を学びましょう~というクラス。

③バリエーションまでいかなくても、ある程度の長さのアンシェヌマン(パの組み合わせによる踊り)を組んで、第1、3土曜日の何回かかけて振り付けを覚えて練習していきましょう!クラス。これはいわゆるバリエーションクラスっぽくなる可能性もありますね・・・

などなど企画できたらいいな~と考えています

さらに、お子様のクラスがいまはまだ空いている状況なので・・・個人レッスン向けに利用してもいいかしら、とも考えています。

何にしても・・・Happyに踊っていけることが一番ですね

次回は18日の土曜日です。ご都合がよろしかったら是非ご参加くださいませ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

阿佐ヶ谷「おかん」

阿佐ヶ谷「おかん」

お友達のおばさんがやっている小料理屋さん「おかん」に行ってきました〜

その道40年を超えるベテランの寿司職人、寺田さん(通称:師匠)と弟子の田中さん(通称:おかん)が食通の町阿佐ヶ谷に7年前に開いたアットホームなお食事処。

おかんと師匠がいいかんじで、またどのメニューも美味しい〜ネタは新鮮お寿司も美味しかったぁアナゴはとろけて、えびの昆布じめのお寿司、初めて食べたけど甘くておいしかったです。

阿佐ヶ谷駅南口から2分
03-3392-5581
月〜土6時から2時まで

遅い時間に常連さんたちが集う、いいお店です〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

ピナ・バウシュが他界されました・・・

ドイツのウッパダール舞踊団を率いるピナ・バウシュがなくなったそうです

ガンで68歳。素晴らしい芸術家を一人、世界は失いました。

本人が踊っているのは生でみたことないですが彼女の「ネフェス」という作品を見たことがあります。どういう生き方をするとああいう作品ができるんだろう~?

こういう作品は、私は見る専門ですが・・・伝説的な作品「春の祭典」や「カーネーション」は公演があっても、いつも予定があわず見に行けなかったんですよね~

あと、衝撃的な映画・・・「トーク・トゥ・ハー」

これは、ぜひ見てください。ピナ自身も出演していたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »