« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

リハーサル

第二回目。


パドドゥって二人で踊りを作っていくのでクリエイティブ。


同じ作品でもパートナーが違うとホントに全然フィーリングが変わってくる。面白いですね!


面白がってる場合じゃなく仕上げなきゃなんですが…f^_^;


クリエイティブさやイマジネーションがある踊りを舞台でもしたいです〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

ジャイロトニック

今日はジャイロトニックのお知らせです

海外在住の元新国立劇場のプリンシパルの宮内真理子さんが帰国にともないジャイロトニック(マシン)のプライベートセッションを三軒茶屋のSAKURAというジャイロトニックスタジオにて
7月2、5、6、7日に行います。詳しくはHPをご覧下さい。

http://www.sakura-saku-g.net/

また、こちらのスタジオでは通常セッションは帷子なおみインストラクターが行っており、こちらもとてもおススメです。

マシンによるボディコンディショニングにご興味がございましたら、是非、ご利用下さい。
ご予約、お問い合わせは直接スタジオにお願いいたします。

私自身も今後はジャイロトニック(マシン)の資格の勉強もしていく予定でおります。身体を快適に保つことができるジャイロトニックを、多くの方に知って頂きたいと思います
これからもどうぞよろしくお願いいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

ジャイロキネシス学芸大学にて開催します!

学芸大学、鈴木直敏・恵子バレエスクールでのジャイロキネシスクラス開催が決まりました


外部からもお越しいただけるのでバレエのためによろしかったらご参加ください

初回は明日ですご興味のあるかたはinoyoko922@yahoo.ne.jpまでメールください。

6月27日(日)16時半〜18時

7月25日(日)13時〜14時半

8月22日(日)16時半〜18時

レッスン代は2000〜2500円で人数の集まり具合で決定いたします。

バレエテクニックに繋がっていくよう椅子〜フロア〜スタンディングまで多彩なエクササイズをしていきます。

身体と身体の使い方が変化していくことを感じられると思いますo(^-^)o

皆様のお越しをお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

ワールドカップ

日本戦見たいけれど夜中3時開始は厳しいです(-.-;)

明日は朝からジャイロキネシスなので…

まさかまさかでイタリアが負けている!


サッカーも本当に面白いですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

からだの中に

谷川俊太郎さんの詩。

「からだの中に」

からだの中に
深いさけびがあり
口はそれ故につぐまれる

からだの中に
明けることのない夜があり
眼はそれ故にみはられる

からだの中に
ころがってゆく石があり
心はそれ故にひらかれる

からだの中に
いかなる比喩も語れぬものがあり
言葉はそれ故に記される

からだの中にああからだの中に
私をあなたにむすぶ血と肉があり

人はそれ故にこんなにも
ひとりひとりだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

ジゼル

日曜日にNBAバレエ団のジゼルを見に行きました。

当初予定されていたパリ・オペラ座のエトワールのデルフィーヌ・ムッサンが怪我のため降板でプルエールのミュリエル・ズスペルギーが急遽代役をつとめました。

ムッサンはとても残念でしたが、プルミエールのダンサーでも十分にオペラ座のスタイルがあり、小柄めで素敵なダンサーで、オペラ座の層の厚さにあらためて感心しました。

アルブレヒトをつとめた秋元泰臣くんも初役でしたがとても頑張っていて好感が持てました。実力日本一!と本当に思わされたのが2幕でのアントルシャ・シス(空中での足を交差しながら連続で飛ぶ技)。

死ぬまで踊れというミルタに助けを乞うて飛ぶはずなのですが・・・全然余裕、めちゃくちゃ美しく素晴らしいバネ。全然まだまだもう一晩でも踊れそうなアルブレヒトでした〜^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

バレリーナ

今日は学校の試験中だったためか、たまたまクラスに生徒さんが来なくて、プライベートバレエクラスo(^-^)o


ジャイロはプライベートあるけどバレエは珍しく…


若いバレリーナの卵さんは細かい注意も理解して直していって、直そうと努力して、まるで水をぐんぐん吸って成長するお花のようです。

今後が楽しみ。


クラスを進めていくために気にはなっても時間がなくて注意でききらなかったことも丁寧にできてたまにはプライベートもいいですね…


私も踊っていて、本番間際に先生から「前から気になってたんだけど…アレコレアレコレ」と注意されると「が〜ん(*_*)気になってたなら早く言ってくれればい〜のにぃ…」ということも往々にしてあり…


サンディエゴにいて右足首を捻挫した時、ミストレスさんに言ったら「あ〜、あなたの右足首ねぇ…(納得)」と納得され「なぬ?捻挫しそうな兆候や癖があったのを知ってたのか?」と、がび〜んとなったり…


こういうことは仕方ないとはいえ、経験からして早め早めの指導者のケアがバレリーナにとってプラスになりますね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

金曜日アーキタンツ ジャイロキネシス

毎週金曜日朝10:15からジャイロキネシスのクラスをやっていますo(^-^)o
ご参加お待ちしてますね!お問い合わせはinoyoko922@yahoo.ne.jpまでお願いします♪

昨日は阿佐ヶ谷クラスでした。

どちらもジャイロキネシス初めて!という方がご参加くださいましたが…

初めての方の表情を見るのがとっても楽しいんです(^_^)

ビックリだったり、「何だこれ〜?」という新鮮な感覚だったり、伸びて気持ちい〜だったり、「?」だったり、楽しい〜だったり☆

?は解消してくよう軽く説明しますが、身体の中のセンセーションが初めてだとより自然に顔にでるのですねo(^-^)o


その新鮮さを大切にクラスをしていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

面白かった本

ちょっと興味をもち斎藤孝さんの「なぜか好かれる〈気〉の技術」という本を読みました。ハウツーとか何かが9割という本がいっぱい出てますが、そういうのではなく興味深い内容が沢山でした。題名がイマイチ誤解を呼びますね(-.-;)内容はしっかり面白かったです(^O^)

場の気の流れに責任をもつ。気を逆なでしない。気を放つ。コミ二ケーションにおける気の話。


言葉の気。昔の日本には美しい言葉があった。お腹からでる響きのある声は丹田がしっかりしてこそ出る。

昔の写真を見ると普通の人でもきちんと腹が座り、背中に余分な力が入らず、すっと立っていたことがわかります。


野口体操のことも少しあり、そのエクササイズはまさにジャイロでやってることだったりして納得!

身体を液体化させるイメージや下半身は安定させ足の指一本一本を広げて大地つながるようなイメージで立つ。まさに「身を粉にする」ように骨を振動させて粉々〜のイメージで動く。

合気道の「和」の話も興味深い。

そして呼吸の話。

呼吸は人間が外の世界と内の世界をつなぎ巡らせる唯一のもの…

ジャイロやりはじめてよくわかります。ジャイロは西洋のものなのに東洋の素晴らしいものを発見できるな、と改めて実感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

花と舞台

ベランダ花壇を作成中で、日々草、朝顔などを買いました。雨に濡れてすくすくと育つ草花を見るのは嬉しいものです。


そして一大決心で足の調子をコントロールしながら舞台にでることにしました。

リハーサル。素敵な時間ではありますが、久しぶりすぎて。大丈夫なのか?!

私は没頭してやり過ぎてしまうからやらないことが大切(*_*)

舞台に向ける心と身体を少しずつ作っていきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

バレエ色々

ロイヤルバレエ団がもうすぐ来日ですo(^-^)o毎回見に行ってましたが今回はチケット取るのも出遅れてしまったので、見に行かないかも…


演目はアシュトン版「ラ・フィーユ・マルガルデ」、マクミランの「うたかたの恋」「ロミオとジュリエット」です。


御家芸を持ってきますね♪マクミラン見たいですね、ロイヤルのロミジュリは人生終わるまでに(笑)一回はみてくださいね!


あと注目は秋に来るオーストラリアバレエです。白鳥の湖とくるみ割り人形ですが、マーフィー版で、かなり現代的にドラマ仕立てになっているそう。ダイアナ姫をモデルにしたりクララがおばさんだったり…


前回の時見逃して、評判を聞いて見ればよかった…と後悔してたのでまたの来日、嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

バレエクラス

バレエって本当に奥が深いですね。日々踊り、教える中で実感する今日この頃…

ジャイロキネシスはそのシステムを信じ、動き(いわば振付)をやっていくうちに身体が動き、関節や背骨が伸びていくようにプログラムされてます(もちろんやり方やクオリティの差もありますが…)


バレエクラスもプリエ、タンジュ、ジュテ…最後のグランワルツまで一定のプログラムが長〜い長い歴史の中でありますが、その中身は教師次第…。


その内容が自然と身体が動いて、開いて、上がっていくものにしたい!という気持ちで日々考えます。音楽の力も大きいですね。


クラシックの作品、バリエーションは版の違いはあっても、長い歴史の中で淘汰、洗練されて見る人も踊る人も心地よいものになっていると思うと本当にすごい!ですねo(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

宮内真理子さんのジャイロキネシス

今日、ジャイロキネシスのクラスを受けに行きました

真理子さんは本当にしなやかで伸び〜があって美しいです
ただ柔らかいだけでなく、本当にバネのように、ジューシーに、リッチに動いている
目指して行きたいです

ちょっと痛む足首を気にしつつではありますが、足首を気にするんではなく
全身で動くことが大切・・・

あと、細々したことばかり言いたくなってしまうけれども
それよりも大まかに流れとリズムを大切にしていくことで
頭で考えず身体で動いて行くことでみんながついてくる、
結果がでてくる、ということも再確認。

私は色々言いたくなってしまうタイプなので
どんどん自分の身体で表現出来るように練習だと思いました。

本当にナローできてるか?本当にスクイーズできてるか?
ひとつひとつ大切に動かなくては・・・

やはりハンズオンはめりめり身体が動いて行くのでもっともっとやっていきたいです〜

クラスが終わるころには最初の股関節の違和感がゼロになっていました。
関節を開くことって大切ですね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ニーナ・アナニアシウ゛ィリのロミオとジュリエット

昨日テレビで放送してました。


ニーナさんは私が高校生くらいの時からボリショイやABTで活躍してたスターです。大好きだったスターでした。すなわちジュリエットにはちょっとお年なのですが、持ち前の大輪の花のような華やかさと、大袈裟なくらいのロシア式表現で有無をいわさず引き込んでくれました。

グルジア国立の芸術監督をしながら主演というパワフルさ。

演出はラブロフスキー版でちょっとロシア的な古臭い感じも否めませんが、その後のクランコ版やマクミラン版に多大な影響を与えたドラマチックな表現はさすがですね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

咲きました

咲きました
マリーゴールドが咲きましたo(^-^)o

菊っぽいお花は強くて長持ちな気がします。育てやすくて良いし、黄色など色合いも元気で明るくて好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉祥寺のギャラリー

知り合いの方が吉祥寺のギャラリーで展示会をしていたので見に行きました

モノギャラリー

ガラス細工を作っている Mayukoさんのピアスを購入手作りで繊細でかわいくて、欲しくて買ってしまいました夜行ったのですが、夕方〜夜の吉祥寺も何だか良いですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »