« 足指レッグウォーマー | トップページ | 吉祥寺、三鷹のバレンタインは・・・ »

2011年2月 7日 (月)

素敵なママの詩「ありがとうが いっぱい」

妊娠何ヶ月目かで買った本からの詩です。早くベビーに会いたいです。


「ありがとうが いっぱい」

生まれてくれて ありがとう
わたしを お母さんにしてくれて ありがとう
あなたの 小さなぬくもりで
生きていることは あたたかいことだと
教えてくれて ありがとう


いちにち いのちのときを 恵まれることが
奇跡のように 尊いことだと
いちにちが こんなに長く そして短く 愛おしいものだと
教えてくれて ありがとう


勇敢な 子どもたち
苦い薬をのんでくれて ありがとう
痛い検査をしてくれて ありがとう
あなたのからだの その傷跡 勇気のしるしの その傷跡
それは たくさんの人たちが 小さないのちを守るために
全力を尽くした あかし


命はしなやかで たくましいのだと
あなたは身をもって教えてくれた


この世のいたみに 気づかせてくれて ありがとう
そして そのいたみを みんなとわかち合うことを
教えてくれて ありがとう


優しい心や 親切なおこないが たくさんあること
私たちが 大きな何かに 守られて生きていることを
教えてくれて ありがとう


笑ってくれて ありがとう
喜びは どの瞬間にもあると
ほほえみで語ってくれて ありがとう


この世にいてくれて 今日もまた このいちにちを
わたしたちのそばですごしてくれて どうもありがとう


病を卒業する 子どもたち
この世にとどまることを 選んでくれて ありがとう
癒しという この不思議なちからを 見せてくれてありがとう
夜が明けるとき 光がどれほど輝かしいものか
教えてくれて ありがとう


病とともに育つ 子どもたち
ありのままを受け入れることを 教えてくれて ありがとう
神ならぬ人間として生きることの 素晴らしさを
教えてくれて ありがとう


まるごとのあなたを 抱きとめることのよろこびを
今日もわかち合ってくれて どうもありがとう


そして 逝ってしまった子どもたち
地上に折田ってひといきつく間もなく 飛び立っていって
あわてんぼうの子どもたち
あなたを愛する人たちの心の
最もやわらかい部分を 一緒にもっていってしまった
あわてんぼうの子どもたち


この世界に あなたの光を届けてくれて ありがとう
あなたの光を届けてくれてた あなたの小さなからだ
おつかれさま 本当にありがとう
たくさんの会いと 思い出を ありがとう
それは ずっと未来につながる記憶


あなたを抱いた腕は
あなたのぬくもりを 決して忘れない
この大地も この風も
あなたの足跡を あなたの息を 決して忘れない


この世にきてくれて ありがとう
そして あなたは姿をかえて わたしたちと一緒にいる
いつもでも いつまでも わたしたちの心の中に


どうもありがとう

「ママ、生まれる前から大好きだよ!ー胎内記憶といのちの不思議」池川クリニック院長、池川明著、学研出版より

|

« 足指レッグウォーマー | トップページ | 吉祥寺、三鷹のバレンタインは・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素敵なママの詩「ありがとうが いっぱい」:

« 足指レッグウォーマー | トップページ | 吉祥寺、三鷹のバレンタインは・・・ »