« ローザンヌ国際バレエコンクール | トップページ | ダンサーのフィーリングで・・・ »

2012年2月 6日 (月)

アップデートコース1日目

アップデート1日目終了。ホワイトクラウドの悦子先生のコースは本当に勉強になります。慣れで曖昧になってきてしまう所をもう一度、なるほど、と味わうことができ、さらに新しい感覚も沢山芽生えました。

特に2010版のホームワークシークエンスがクリアになり、ただ振りでなく、何を感じたいかがよくわかりました。楽しいし、ちゃんと中を使えた感覚は気持ちいい。

要するに腹筋なのですが、きちんと身体が繋がって、理にかなってまさにコアが使えると…腹筋も気持ちいい♡を体感することができました^^


今日の印象的な言葉・・・

「背骨が縮んでいると腹筋は使えない」

「narrow (ナロー)とsupple(サプル)はいつもセットで」

「ソアーズ(腸腰筋、大腰筋)から繋がって足をあげる」

などなど沢山・・・


ジャイロキネシスの用語って本当に感性に響きます。

「シードセンター」

「ハートセンター」

これだけでも、イマジネーションに溢れていますよね。


座り方の基本のハンズオンから、仰向けに寝てソアーズ(腸腰筋、大腰筋)を触ってもらい感じながら足を伸ばし、背中を伸ばし、それを立った時にしっかり感じる、など色々と興味深いことをみんなで練習しあいました。


赤ちゃんを抱っこして縮んだ私の背中が広がって伸び、前に行きがちな肩が横へ広がり、バレエのアンディオールにより落ちがちな骨盤がキュッと感じれました。


的確に見抜く目と熟練したハンズオンってすごいですね。


ジャイロキネシスのハンズオンで身体がここまで感じれるのだから、キネシスのクラスの中で身体に対してできることが沢山ある!と可能性をすごく感じます。


ジャイロキネシスの必ず伸びながら動く、引っ張り合いを感じて動く、などただただ行うだけでないクオリティの部部がやはりやればやるほど、素晴らしいなぁ、と感じます。


この感覚をキープしたいですし、この感覚をクラスで皆さんとシェアしていきたいです。


専門用語ばかりのブログの内容で、ごめんなさぁ~~~い(笑)

|

« ローザンヌ国際バレエコンクール | トップページ | ダンサーのフィーリングで・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップデートコース1日目:

« ローザンヌ国際バレエコンクール | トップページ | ダンサーのフィーリングで・・・ »