« 8月ジャイロトニックお知らせ | トップページ | 青空の下、フットサル場でジャイロキネシスをしました! »

2012年8月 9日 (木)

バレエスタジオアクシス発表会

去る7月26日、三鷹芸術文化センター星のホールにて、バレエスタジオアクシスの発表会が開催されました

http://hatamami.com/index.html

暑い中、子供たちは本当に真剣に練習してきました

4歳から最年長の子までを含めた全体での通しの練習が5月のGWに一回あり、6月、7月と広いホールを利用して、本番さながら、お客様に見て頂く、自分の行動、踊りに責任と自覚を持つ、ということを学びました。

ふざけてはしゃがないのは当たり前、ご挨拶をする、身だしなみ、自分がどうしたらよいか分からなくなったら泣かないで先生に言葉でちゃんと聞く、仲間を大切にみんなで助け合い練習する、一生懸命練習する、楽しく大好きなバレエを実力発揮してキラキラ笑顔で踊る。

当たり前のことなんだけれども・・・これがちゃ~んとできているお教室って実はそんなにないのではないかしら・・・?

主宰の畑満美子先生と武蔵境担当の河瀬範子先生、お二人とも教育理念もしっかりとなさっていて、また、ご父兄との連携もばっちり、裏方スタッフさんとのお仕事もとても気持ちよく、私もとても気持ちよくお仕事させていただくことができ清々しい気持ちになりました!振付もとても素敵でした。

これでこそ、子供に教育としてバレエを習わせる、発表会という一つの舞台を経験させる、という意味があるなぁ、と、自分も子供をもって、より実感した次第です。

一つの舞台で子供たちは本当に見違えるほど成長します。楽ではないかもしれませんが、やり遂げた喜び。それが、子供たちの明日へのモチベーションになるのではないでしょうか

とても素晴らしい舞台でした!

自分も長く魅了されてきたこの世界の素晴らしさについて、できるだけ沢山のことをお伝えしていけるよう私も頑張って行きたいです。

私自身は夢の場の「森の女王」を踊らせて頂きました。キューピットは昭和音楽芸術学院&スターダンサーズバレエ団後輩の糸井千加子先生。とても明るく、抜群のプロポーション、確実なテクニックのキュートなキューピットを演じて下さいました。産後レッスン再開し、舞台に立つことから離れていた私も、彼女の明るさと踊りに対する真摯な姿勢をは、どんな状況であっても精一杯頑張らねば~というモチベーションを与えてくれました。


ママ兼業の私、現実的な実力的には反省点いっぱいでしたが・・・やはりバレエは「一日休めは自分がわかり、二日休めば教師がわかり、三日休めば観客がわかる」という厳しいもの・・・でもバレエ団時代に感じられなかった感覚で、とても楽しく踊ることができました。これから、あきらめず少しずつまたバレエ芸術という大きな山に登って行きたいと思います。


そして家族が見に来てくれたこと、去年息子が生まれて知り合った同じ月齢のママ友が応援に来てくれたこと・・・それが本当に、本当に嬉しかったです。

苦労しても疲れても、ああ、踊り続けなきゃ~、私の財産はこれなんだもの。と感じました。

昔はバレエしかない、バレエ以外取り得がない!だったのが、だんだんに、家族もでき、バレエ以外の世界もできてきて・・・でも、それは私のバレエの世界を失わせるのではなく輝かせるものになっていく、と信じています。


Axis_2


|

« 8月ジャイロトニックお知らせ | トップページ | 青空の下、フットサル場でジャイロキネシスをしました! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレエスタジオアクシス発表会:

« 8月ジャイロトニックお知らせ | トップページ | 青空の下、フットサル場でジャイロキネシスをしました! »